JACK HOUSE

フィンランド移住生活、ヘルシンキ観光旅行、北欧留学、おすすめ格安ツアー、ホテル、フィンエアー情報



フィンランドの物価は高くない。1LDKのジム付きマンションに月6万円で住める!社会保障による家賃補助も


「ミスタープロブロガー」「新鋭アフィリエイターの星」のお二人のスポンサーリンクです!
20170808212207 20170808210216

f:id:captainjacksan:20170511062257j:plain

こんにちは、妻の母国フィンランドでプロブロガー&プロゲーマーを目指すCaptainJack(@CaptainJacksan)です。

北欧&フィンランドと言えば、世界一物価が高いイメージないですか?僕はありました。ヘルシンキになんて住もうもんなら一体どれくらいかかるのかと思ってました。

が!!(うるさい)

実は、フィンランドの物価は僕が長く住んでいた東京&京都と比べても結構安いと思います。家賃、食費、通信費、交通費、電気ガス水道代、学費など物価を比較する指標はたくさんありますけど、ほとんど日本の方が高い気がします。いやホントに、フィンランドの方が高いのって外で食べるレストランくらいじゃないのかな。さすがに言いすぎか。笑

というわけで、この記事ではフィンランドのポリで妻と2人で住んでるマンションを紹介したいと思います!

 

 

素晴らしいマンションと契約成功

ポリの中心街近くにある広めの2LDKのマンションを、家賃500ユーロ(6万円)で借りることができました。

もちろん物件はネットで探しまくって掘り出し物の物件を見つけたんですが、ここだけ劇的に安いというわけではなくて、他のマンションも結構安いです!

 

ポリとは

人口8万人の、フィンランドでは11番目に大きな都市。日本で人口11番目の都市は広島あたりになるので、人口比を考えると国内では相対的にそこそこ大きい。

 

f:id:captainjacksan:20170510072834j:plain

 

マンションの廊下。セレブかw

f:id:captainjacksan:20170510072935j:plain

 

大きくてきれいなキッチン

f:id:captainjacksan:20170510072937j:plain

 

なかなかきれいなシャワールーム

f:id:captainjacksan:20170510072939j:plain

 

ドアを開けたところ

f:id:captainjacksan:20170510072942j:plain

 

テーブルがすぐ後ろにあって料理するのに便利

f:id:captainjacksan:20170510072944j:plain

 

ユリアの親族から譲ってもらったダブルベッド

f:id:captainjacksan:20170510072940j:plain

 

マンション内にあるミニジム。一回も他の人と遭遇したことがなくて、いつも貸切状態。笑

f:id:captainjacksan:20170510073050j:plain

 

アクロバティックなユリアちゃん

f:id:captainjacksan:20170510073052j:plain

 

どうですか?めっちゃいいでしょ!

 

フィンランドの家賃は安い!

続いてこの物件の条件を紹介します!ぜひ、今住んでいる物件、住んでいた物件と比べてみてください。東京(新宿、六本木などの都心)と比べると格段に安いですし、京都や大阪と比べても結構安いです。

 

ポリ フィンランド 中心部の1LDKマンション

  • 43㎡ 1LDK
  • きれいなフローリング
  • ウォークインクローゼット
  • 冬でも暖かい室内
  • スーパー徒歩5秒
  • バスターミナル徒歩20分
  • 居住者専用無料ジム
  • 家賃500ユーロ(=6万円、ネット代込み)

 

なお、収入や家庭状況などに応じて政府による家賃補助があるため、僕たちの場合は家賃補助として226ユーロ(27,000円)が支給され、実際の支払い額は274ユーロ(33,000円)になります。

 

いや、3万円ちょっとて!

安すぎでしょww

 

しかもこの値段には固定のインターネット回線とジム代が含まれていますから、仮にそれぞれ月5000円とすると、実際の家賃分として支払っているのは月2.3万円。さらにこれを2人で割りますから、1人分の実質家賃は1万2000円です

いや〜〜〜!!

 

まだ日本で消耗してるの?

(ヒィィィうそですごめんなさい言ってみたかっただけ)

 

日本の家賃との比較

参考までに、僕が今までに住んできたいくつかの物件の条件を書いておきます。ぜひ比較してみてください!

 

西新宿五丁目駅徒歩5分のタワーマンション12階

  • 38㎡ 1K
  • バストイレ別 めちゃくちゃ綺麗
  • ホテルより綺麗
  • 晴れの日にバルコニーからおぼろげに見える富士山
  • エアコン完備
  • JR新宿駅徒歩17分
  • 居住者専用無料ジム、プール付き
  • 家賃17万4000円

 

六本木駅徒歩3分のワンルーム

  • 10畳 ワンルーム
  • きれいではない
  • エアコン完備
  • 六本木駅徒歩3分
  • 居住者専用無料ジム
  • 家賃10万5000円

 

 新宿三丁目駅徒歩1分のワンルーム

  • 15㎡ 2LDK(せますぎ)
  • リフォーム済みでそこそこきれい
  • エアコンあり、暖房なし
  • JR新宿駅徒歩8分、歌舞伎町徒歩2分
  • 家賃6万5000円

 

西中島南方駅徒歩15分の1LDK

  • 36㎡ 1LDK
  • かなりきれい
  • エアコン完備
  • 新大阪駅自転車10分
  • 家賃6万円

 

京都市上京区 千本出水の1LDK

  • 30㎡ 1LDK
  • そこそこきれい
  • エアコン完備
  • 二条駅自転車7分
  • 家賃4.4万円

 

いかがでしょうか。もちろん日本の家の場合は家賃補助なんてなかったですよ!そう考えると、フィンランドの家賃がいかに安いかわかりますよね。

日本の田舎はもっと安いよって声が聞こえてきそうですが、これはポリの例。冒頭で書いた通り、ポリはフィンランドで人口11番目、日本でいうと広島クラスの都市であり、その中でも中心部近くのマンションの例。フィンランドでももっと北部の田舎に行けば、たぶん家賃はもっともっと下がるはず。

実際、僕のマンションから車で15分くらい走ると、ポリでもマンション一部屋200ユーロ(24,000円)で借りられます

というわけで、どうですか?いいですよ、フィンランド。仕事を辞めていますぐ移住しましょう!(こらw)

 

おいでよフィンランド!

というのは冗談として、大前研一さんがこのように言っています。

 

人間が変わる方法は3つしかない。

  • 1つ目は時間配分を変える。
  • 2つ目は住む場所を変える。
  • 3つ目は付き合う人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

最も無意味なのは、『決意を新たにする』ことだ。

 

 

と。

その観点から言えば、フィンランドへの移住はこれ以上ない至高の方法です。現に僕の人生は劇的に好転しました。(今日は妻の誕生日だから、僕が日本での生活を捨てて妻の母国フィンランドへの移住を決意した理由を赤裸々に書いてみようと思う

移住により「時間配分」「住む場所」「付き合う人」全てをこれ以上ないほどに変え、ブログ・アフィリエイトとスマブラの世界でそれぞれプロを目指しています。

フィンランドの地でも、新たな勝負に挑み続けたいと思います!(あれ、物価の話だったのでは笑)

 

↓管理人からの返事が世界一早いLINE@はこちら。メッセージ待ってます!

友だち追加

 

関連記事