JACK HOUSE

フィンランド移住生活、ヘルシンキ観光旅行、北欧留学、おすすめ格安ツアー、ホテル、フィンエアー情報



18日で32万円稼いだ治験バイトの体験談1:JCVNに会員登録〜入院前日まで


「ミスタープロブロガー」「新鋭アフィリエイターの星」のお二人のスポンサーリンクです!
20170808212207 20170808210216

f:id:captainjacksan:20170707193152j:plain

こんにちは、治験コンサルタントのCaptainJack(@CaptainJacksan)です。

この記事は、僕が実際に体験した、17泊18日32万円の治験の体験談シリーズの1作目です!

 

↓こちらの記事をまだ読んでない方はぜひあわせてどうぞ\(^O^)/

 

 

 

治験センターに登録してみた

治験センターJCVN
日本最大の治験センターJCVNより

 

詐欺に逢い、600万円以上の借金と毎月利子だけで5万円の返済に吐きそうなほど苦しんでいた時のこと。ふと思い立ち、治験について調べてみることにしました。

闇バイト、リスク、副作用、人体実験・・・。初めて治験のことを調べようとする僕の脳裏をいろんな単語がよぎりましたが、調べたところによると日本の治験はだいぶ安全そう。

まずは治験バイト案件を紹介してくれる治験紹介所、通称「治験センター」に登録しないと始まらないようなので、まず年間750件の治験を主催する最大手のJCVNに登録して、実際に募集されている治験案件を見てみました。

東京より関西に近いところに在住の方は特に、JCVNの後にインクロムにも登録しておくといいです。唯一の関西メインの治験センターなので、関西の案件がいっぱいあります。登録は、持病がある場合はこちらから、健康な方はこちらからできます。

 

JCVNから17泊18日32万円の神案件の紹介が!

JCVNに無料会員登録してマイページにログインすると、トップ画面に現在募集中の治験案件が鬼のように出てきます。

一例として実際の募集案件を見てみましょう!

 

f:id:captainjacksan:20160909134418p:plain

f:id:captainjacksan:20160909134420p:plain

 

登録した後にマイページから入って案件をタップすると、負担軽減費(治験業界でバイト代のこと)を含む詳細条件を見ることができます。

 

例えば「新規!K-3545☆健康男性【入院】治験☆20~35歳 9泊1回通院1回☆東京」をタップすると、こんな画面が出てきます。

・20-35歳 健常男性
・BMI 18.7~24.9
・休薬期間4ヶ月(治験最終投薬~初回検診参加)
・喫煙者 NG
・3ヶ月以内の献血、輸血 NG
・過去に重篤な疾患、手術既往 NG
・刺青、タトゥー NG
・アレルギー各種 注意

その他詳細な条件がございます

場所 東京の医療施設

健康診断日程 日付 AM9:15

入院日: 日付 9泊10日
事後: 日付

ボランティア協力費 ○○○,000円

 

ボランティア協力費の実際の数字は伏せましたが、たった9日の入院でウン十万円です。治験コンサルタントの僕から見ても、この金額はめっちゃいいです。

なんてったって、空調の効いた部屋で気持ち良く入院しているだけで、平均日給3万円稼げてしまうわけですからね(ノ;・ω・)ノ

 

ところで、今回僕が応募した案件は、マイページの案件一覧には掲載されていませんでした。じゃあどうやって見つけたかというと、

 

実はマイページに掲載されていなくても、電話で問い合わせると未掲載の案件も教えてくれるんです。

 

そこで電話で「長期入院案件はありませんか」と質問して教えていただいたのが、後に採用されることになる、健康成人を対象とした17泊18日32万円の案件だったんです。

(会員でないと教えてもらえないので、まずはJCVNのサイトから無料登録しておく必要があります)

日程的にも協力費的にも最高だったのでテンションあがりまくり、早速その案件に応募。2週間後くらいに行われる事前検診に何としても合格するため、コンディションを整える日々が始まりました。

 

事前検診をうまくパスするコツについて書きました。ぜひ一緒に読んでください!

 

事前検診へ!

治験 事前検診
さて、やって参りました!今日は東京の入院施設で事前検診を受けます。写真は実際にその時その場所で撮影したもの。

 

検査は朝8:30からととても早いので、京都に住んでいる僕は余裕を持って着けるよう、数日前から東京にある弟の家に前泊していました。

朝は早めに起きてシャワーを浴び、気持ちを引き締めます。検査に関わるため、朝ごはんは抜き。少し早めに家を出て病院へ向かいます。

・・と思いきや、ここでまさかの降りる駅を一つ間違えるという痛恨のミスw

泣く泣くタクシーに乗ることにしました。焦って走って心拍数が上がってしまい、検査に影響が出てしまったら困りますからね。万全にさらに万全を期して臨みます。早めに家を出ておいてほんとによかったです。

 

心拍数の上昇を防ぐため、滅多に乗らないタクシーに乗車

治験会場へ向かうタクシー

 

病院へ到着。2、3年ほど前にもこの病院に治験のため入院したことがあるので、ちょっとした馴染みの場所です。綺麗で看護師さんもお医者さんもみんな優しくて、凄くいい病院なんですよ。

治験会場 新宿

 

この病院内の一室で、今回の治験に関しての説明があります。

飲む薬の内容や試験日程、1日ごとの詳細スケジュール、たとえ入院後でもいつどのタイミングで途中辞退しても構わないこと、万が一副作用があった場合保険で手厚い保障があること、治験ボランティアは法律で保護されていることなど、これでもかというほど詳しく教えてくださいます。

 

過去の病歴などのプロフィールシート、治験同意書を記入し、採血や身長体重測定などの検診に入ります。

 

こちら、実際に渡された書類です。

治験 同意書

 

めっちゃちゃんとしてます。写真には残ってませんが、万が一、億が一医療事故が起こった場合には超保障します。かつ治験への参加は強制される者ではありません。ご自身の意思でご自由にご判断ください。たとえ入院後でも途中でいつでも中止できますみたいな内容の書類とかがいっぱい配られます。

治験 同意書

 

この後、少しだけ採血、身長体重の測定などがあっておしまい。ただ、時間が押してしまい、13時終了予定だったのが14:30終了になってしまいました。

1時間半も遅れることは滅多にないと言っていて、先生方もしきりに謝っておられましたが、次に予定がある方は念のため少し余裕を持っておくことをオススメします。

 

何はともあれ、これでこの日の事前検診は終了。できることは全部やりました!後は当日の結果発表を待つのみです。(´,,•ω•,,)

なお、結果発表の電話がかかってくるのは事前検診の日からちょうど1週間後の14時以降。なんと、入院日の前日です。

京都から新宿の病院へ行かないといけない者としては、もう少し早く教えてくれよ、と思わなくもないのですが。。。そういうスケジュールなので、こればっかりは仕方ないです。笑

何はともあれ、できることは全てやり切りました。事前検診なんとか通って、絶対行くぜ東京!!

 

そして、運命の結果発表の日

事前検診から1週間後、かつ入院日の前日。電話がかかってくる予定の14時ちょうどになりました。iPhoneの時間を見つめながら電話を待ちます。

 

・・・かかってきません。

 

採用されたら京都から新宿へ向かうことになるので、内定しているのならもう東京へ向けて出発しないといけないという特殊な事情が僕にはあります。すぐに結果が知りたい。

14:10を過ぎたころ、内定を心から祈りながらこちらから電話してみました。

 

プルルルッ・・ プルルルッ・・

 

 

はい、JCVNです

 

 

あっ、あっ、あの、治験応募者なんですが!結果が知りたくてこちらからお電話しました。

 

 

治験応募者の方ですね。お名前を教えていただけますか?

 

 

CJです。

 

 

CJ様ですね。少々お待ちください。

 

 

・・・・

・・・・

・・・・

 

 

 

お待たせいたしました。内定となりました ので、明日から入院をお願いしたいと思います。今からご案内のため約10分ほどお時間頂いてもよろしいでしょうか?

 

 

内定!ホントですか!はい、大丈夫です!!!

 

 

やったー!!約65人の事前検診参加者から選ばれし16名に入れたよー!!+。*(*´∀`*)*。+゚ 内定率25%の競争を勝ち抜きました!

まだ32万円の報酬をもらえることは確定ではないものの、なんとか入院する権利を獲得!そう。実はここからさらに入院日に2回目の検診があるんです。

今からすぐに東京へ向かい、明日2回目の検診を受け、そのまま病院に宿泊。そして翌日の午前中に、16人からさらに健康診断の数値が悪かった方から順に4人が脱落。報酬32万円の本試験に進めるのは12人となります。

とはいえ、ここまで来たらもう突破率は75%。多少安心してもいいってもんでしょう!10日間厳しい節制をしてきたかいがあったってもんです。

なお、この治験はかなり条件がよかった上場所も新宿とあらゆる意味で最高の案件だったので、採用率はだいぶシビアでした。普通の案件なら採用率はもっとずっと高いので安心してください(笑)

 

治験入院のため、いざ東京へ!

f:id:captainjacksan:20170708011439j:plain

晴れて明日14時に新宿の病院に集合となった僕。そして、今いるのは関西の某市、時刻はすでに14:30。

行けるかどうか直前までわからないからもちろん夜行バスは取ってないし、新幹線は高すぎる。あれっ、じゃあ東京までの移動はどうするの?

・・・

 

 

 

ヒッチハイクで行きました( ・`ω・´)ゞ www

 

 

 

いや、京都から東京まで新幹線片道13,000円とか高すぎるんですよ!治験に応募する皆さんならわかってくれますよね。夜行バス使えやって言われるかもしれませんけど、そんなコンディションで翌日の運命を左右する2回目の検診に臨めるかい!

もし2回目の検診で落ちてしまって1泊2日で帰ることになってしまったら、謝礼が16,000円しか出ないんです。フルで出た時の20分の1!!5パーしか出ませんからね。笑

2回目の事前検診で落ちても、またすぐに違う案件に応募すればいいから、関東に住んでる人は別にいいと思うんですけど、こちとら京都からヒッチハイクなんですよね。往復したら足が出るっつーの!!笑

あと、地味に新幹線って超高速移動するから電磁波出て体に悪影響ありますから、検診前日にそれは避けておきたい。

というわけで、車内の受動喫煙に気をつけながら、ヒッチハイクで東京の弟の家に向かいます。

 

 

 

予定通り東京行くから今晩泊めてや〜今から家出るで〜 !(15:00 京都発)

 

 

おけ w

 

 

着いたでー!開けてーコンコン(23:58 池袋着)

 

 

はやすぎwwww

 

 

京都市の自宅を出てから北池袋の弟のマンションまで、ドア to ドアで下手したら夜行バスより早いわずか8時間58分で到着。はい、わたくしヒッチハイク歴13年のプロなんです。まる2日あれば京都もしくは東京から日本中どこでも行けます 笑

 

道中立ち寄ったサービスエリアにて(治験関係なさすぎ)

治験 ヒッチハイク

 

話を治験に戻して、明日の入院日検診を迎え撃つべく、今日は弟の家で早めに就寝。

特に書いてなかったですけど、事前検診が終わってからも、1週間後に入院する前提で、ラーメン断ちや禁酒早寝早起きはずっと続けていました。

 

なんてったって、報酬は32万円。さすが、日本最大手のJCVNはいい案件が多いです。

コンディションを整えるのはとても大切です。仕事ですからね(* ˘ω˘ )

 

最後までお読みいただきありがとうございました。 

18日で32万円稼いだ治験バイトの体験談2 へと続きます。近日公開!

 

日本最大で一番オススメの治験センター、「JCVN」への登録がまだの方はこちらから!

 

ぜひこちらの記事も あわせてどうぞ!

 

 

 

↓管理人からの返事が世界一早いLINE@はこちら。メッセージ待ってます!

友だち追加