JACK HOUSE

フィンランド移住生活、ヘルシンキ観光旅行、北欧留学、おすすめ格安ツアー、ホテル、フィンエアー情報



ブログは究極の睡眠弱者の僕を『目覚ましに起こされる人生』から救ってくれた


「ミスタープロブロガー」「新鋭アフィリエイターの星」のお二人のスポンサーリンクです!
20170808212207 20170808210216

こんにちは、『伸びシロとおもシロ』をコンセプトに借金地獄からの大逆転ノンフィクション劇場をお届けするCaptainJack@フィンランド在住プロブロガー🇫🇮(@CaptainJacksan)です!

突然ですが、皆さんは月曜日の朝起きる時どんな気持ちになりますか?いろんな意見があると思いますが、控えめに言って社会人時代の僕は毎週死にそうでした。

    

 

朝起きるのが辛すぎる

f:id:captainjacksan:20170816065104j:plain

夜型のロングスリーパーである僕にとって、睡眠こそが自ら自覚している人生最大の課題であり、これまでの人生では寝坊、遅刻、寝過ごし、睡眠不足などの睡眠問題で悩まされ続けてきました。

睡眠での失敗エピソードを語るとウソやろ?ってよく言われるんですけど、例えば新入社員の時金曜の夜に朝まで飲んで6時台に電車に乗って、うとうとして気づいたら16時だったとか、そんな話がいっぱいあるんですよ。

 

睡眠での失敗エピソード

同じ飛行機を2回逃したこともありますし、飲み会の後路上で寝てしまい財布PCその他の入ったカバンを盗まれたこともあります。

入社1、2年目は、新宿で飲んだ帰りに寝てしまって最寄駅で降りられず、終点から最寄駅までヒッチハイクで帰ることも普通でしたね。具体的に言うと京王線の西の端っこから、つつじヶ丘までヒッチハイクで5回くらい帰りました。青梅街道まっすぐなんで、ヒッチハイクで帰りやすいんですよ。w

今日も無事ヒッチハイクで帰れたわ〜と思って寝て起きたら、友達から「携帯落としたでしょ!私にお友達が携帯落としたみたいですよって電話きたんだけど!」って別の携帯にメールが来てたこともありました(当時二台持ち)。

大学卒業をかけた追試に寝坊して、試験開始から1時間後に教授からのモーニングコールで目覚めたこともありましたね。こんな感じで、睡眠に関しては本物のアホなんです。

 

 

なんやねんこのエピソード。我ながら頭おかしい奴やんけ〜ww

 

 

 

↓昨日書いた関連記事

 

睡眠外来を受診

ずっとこんな感じなので、ちょっと本気でヤバイと思ったことがあって、一度自ら睡眠外来を受診したことがあります。

スリープクリニックに行って脳波とか取る機械を渡され、家に帰ってつけて寝ました。診断の結果、少なくとも睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーなどの病気には該当しないと判明。

そして僕に課された次の治療のための課題は、なんと『自分が必要と思う睡眠時間を1ヶ月間確保する』というもの。つまり毎日めっちゃ寝る生活を1ヶ月続けなさいというもの。

先生に聞きました。

 

 

必要睡眠時間が12時間でもですか?

 

 

はい

 

 

 

絶望しました。

 

社会人として働いていて副業もしていた以上、毎日夜20時に寝る生活を1ヶ月続けるのは無理と判断。診療の前の準備すらできないと知り、ここで中断することを決めました。なので、結局今に至るまで睡眠障害の有無はわからないままです。

 

朝目覚ましに起こされる人生は幸せか?

このように睡眠において大きな課題を抱える僕は、大学生の頃からずっと目覚ましに起こされない人生、毎日早起きして会社に行かなくていい人生、そして自由な人生に憧れてきました。

 

『朝目覚ましに起こされる人生は幸せか?』と聞かれたら、僕はためらうことなくこう答えるでしょう。

 

否ッッ!! 

 

それはなぜかというと、僕にとって朝早く起きることは人生において劇的に辛いことで、それが一生平日5日間毎日続くというのは拷問でしかないからです。

 

『朝起きられない』もアルコール耐性と同じ体質の一つである

別に普通に起きれるよ?って人にとっては、全然なんてことない話だと思います。でも、僕は個人的に早起きが絶望的に苦手なんですね。それだけの話なんですけど、それが今までどれだけ足を引っ張ってきたか。

これ、アルコールやアレルギーと同じで、体質の問題なんですよ。そりゃ前の日早く寝て頑張れば朝起きれなくはないですよ。でもそもそも夜型ですから、早く寝て朝早く起きるようにするという行動それ自体がストレスフルなんです。

 

例えばお酒がめっちゃ弱い人も、乾杯のビール1杯口つけるくらいしろよって言われたら、マジモンの全く飲めない下戸じゃない限りすこーーしは飲めると思います。

でも、それって辛いですよね。普通にストレス。毎回飲み会でそれを強制されたら、飲み会なんて行きたくなくなるでしょう。

僕にとっての早起きがちょうどそんな感じで、毎朝早く起きて会社に行けって言われるから行きたくなくなるんです。

そんなこと言ったらまた甘いこと言ってんじゃねーよって怒られそうですけど、これは明らかに体質の問題なんです。子供の頃は別として、ある程度自分で生活リズムをコントロールすることが許されるようになった頃、具体的には中学3年生くらいからずっと遅寝遅起きです。

 

あと、これを言うと結構驚かれることが多いんですけど、僕が高校生くらいの時から両親共に深夜1時、2時まで起きてるのは結構普通。

父も母も、よくリビングとかダイニングテーブルで突っ伏して寝てます。昼寝もそうですし、ご飯食べた後とかもよくあります。

母は結構起きるの遅いですし、父に至ってはたまーにですが酔っ払った時とかリビングから2階に上がるまでの廊下で力尽きて寝てることもあります。最近はないですが、僕が高校生とかの頃は家族で家の裏庭でバーベキューやったら、庭で寝てることもありましたからね。

あとそうですね、父は僕と同じでお風呂で寝ます。あれ実は寝てるというより気を失ってるに近いらしく、危ないのでやっちゃダメなんですけど。まぁ寝ますね。w そんな感じですよ。

 

つまり、僕が睡眠に弱いというのはかなりの割合で

 

 

遺伝

 

 

が関係していると思わざるを得ないんですね。普通にアルコールと一緒。

ただ、2人の遺伝子を引き継いで2で割るはずが間違えて掛けたみたいになってしまい、遺伝元の両親にすら起こしても起きひんとかいつまで寝てんねんとかもう昼やぞって怒られるレベルで酷いのが、ちょっと納得いきませんけどね。笑

 

あれ?そもそも早起きする必要がなくなればいいんじゃない?

f:id:captainjacksan:20170816064426j:plain

ところが、ところがですよ。ある時ふと気づいたんです。

そもそも毎日強制的に早起きして学校なり会社に行かないといけない予定があるから、弱点として露呈するのだと。

で、みんな普通にできてるのに自分はできないからしんどいんだということに気づきました。

 

 

あれ?もしかして朝早く起きる予定がなかったら別に朝起きられなくてもよくない?おれって天才?

 

 

そう。全ては環境のせいなんです。

(ごめん全ては言いすぎかも^^w) 

 

今のあなたの評価は今の場所での評価にしか過ぎない

だって、考えてみてください。縄文時代とか、そもそも時計あった?って話じゃないですか。遅刻とかその概念自体がないかもしれません。友達同士で「8時に渋谷のマンモス前集合なー」とか絶対ないし。

時代と場所によって、常識は変わります。今のあなたの評価は、今の場所での評価にしか過ぎません。決して今の評価があなたの全てではないということです。

 

ちなみに僕は誰かと待ち合わせの時間に起きる度、冷や汗かきながら電話して謝った後、このことを自分自身に言い聞かせてました。今の、平安時代ならセーフやった。って。そう思わないとメンタルを保てないくらいミスってきましたからね。w

まぁ、8時にマンモスみたいな極端な話じゃなくても、今の時代の日本でも、別に早起きしなくていい人たちはいっぱいいますよね。そういう人たちは別に早起きしなくてもいいんで、お昼ごろに起きてきても誰にも怒られないはずです。

単純な話ですが、自分もそうなりたいと思いました。一生平日毎日朝早く起きて出勤する人生はマジで嫌だったんです。

 

天職。プロブロガーは早起きしなくてもいい最高の仕事

f:id:captainjacksan:20170816065129j:plain

フィンランドに移住してから苦節10ヶ月、プロブロガーとなった現在その夢が叶いつつあり、心から幸せを噛み締めています。(『イケダハヤト様』『ひつじ様』『大河内薫様』より、当ブログにバナー広告の月極契約を頂きました!今日から正式にプロブロガーを名乗ります!

まだ借金は470万円残ってるんですが、それも徐々に消えつつあり、借金地獄から一転、今は人生伸びシロしか感じません。現在爆上げ中の収益がその自信を裏付けてくれています。オッケーーーイ!!(【ブログ運営報告】2017年7月、5ヶ月目。PV9万、発生65万円、収益13万円!プロブロガーが見えてきた!

 

僕にとってその夢のような人生を実現してくれたのは、他でもないこのブログですが、収益化を狙ってブログに取り組んだ理由は7つ。

 

  • スズメの涙ほどの初期投資で始められ時間以外のリスクがない(借金持ちでもオッケーイ!)
  • 世界中どこでも場所を選ばない(日本でもフィンランドでも!)
  • 仕事時間を選ばない(記事はいつ書いたって価値は変わらない!)
  • 仕事道具がパソコンとスマホの2つで済む(旅しながらでも仕事ができる!)
  • 継続的な収益になる(朝起きたら1万円稼げてるのはいつものこと!そしてスポンサー様方ありがとうございます!)
  • 成功すれば大きく稼げる(月収20万、50万、100万は当たり前!1000万プレイヤーも!)
  • 文章を書くのが得意でキャラを活かせる(伸びシロですねぇ!オッケーーイ!)

 

もともと勝算があったから始めたブログですが、あまりにも早く結果が出たことに正直自分自身が一番驚いてます。いつか必ず結果は出ると思ってましたが、まさか開始5ヶ月目に爆発するとは。世の中ほんまに捨てたもんじゃないと思いました。

マジでヤバイ状況でも腐らず明るく前向きにいれば、いつか事態は好転しますね。そんな実感を得ました。

マジでリアルな話、ほんの2ヶ月前の6月下旬までは、翌月の借金を返せるかどうかわからなくて震えてましたからねw 資産状況をメモしたエクセルシートを開いて、1時間くらい見てることもよくありました。

 

 

メスタリちゃん何してるの?

 

 

エクセル見てる

 

 

楽しい?

 

 

そこそこ(真顔)

 

 

 

あの時の自分に言ってやりたい。見ても残高は増えへんで!でもね、見てしまうんですよね〜〜。

「何か忘れてないかな、マジで口座にこれしか入ってないのか、来月はギリギリ払えそうやけどその次の月はどうしよう、2回返済滞ったら一括返済が生じる上払えなかった分にはまた利子ついてまう・・どうしよう・・・。」ずっとそんなことを考えていまた。

それが、8月には3名の有志に広告主になっていただき、月額18万円の固定スポンサー収入を得るようになるとは。まさに夢のような飛躍です。6月の僕が8月の今現在の僕を見たらきっとこう言うでしょう。 

 

 

 

伸びシロですねぇ!

 

 

ブログは素晴らしい仕事ですよ。ブログを通して人生をよりよくしていきたい。そして、僕以外にもブログを通して人生の伸びシロを伸ばしたい人を応援したいと思います。

 

めっちゃ気合い入れて書いたブログ運営のポリシー 


『伸びシロサロン』の構想が固まってきました

先日ちょろっと言った伸びシロサロンですが、徐々に構想が固まってきました!正式発表は9月の初めごろを予定しています。

僕自身が

 

 

ブログ始めた時にこんなサロンがあったら喜んで入ってましたねぇ!オッケーイ!

 

 

と思うような理想のサロンにします。

日本帰国時にはオフ会も企画。ぜひお楽しみに!

 

なお、サロンの運営も考えてます。題して『CaptainJackの伸びシロサロン』。ブログ運営を中心に、全員の人生を伸びシロにしていくサロンです。

『伸びシロ』『オッケーーイ!』は僕が好んでよく使う二大ワードですが、その理由はどちらも相手をこれ以上ないほどに肯定する究極のポジティブワードだから。単なる今気に入ってるだけの一過性のネタではないです。

言葉の持つ力は強大です。伸びシロサロンというサロン名からすら滲み出る溢れるパワーが力となり、サロンメンバーの人生がより良い方向に変わっていくことを確信しています。

 

『イケダハヤト様』『ひつじ様』『大河内薫様』より、当ブログにバナー広告の月極契約を頂きました!今日から正式にプロブロガーを名乗ります!