JACK HOUSE

フィンランド移住生活、ヘルシンキ観光旅行、北欧留学、おすすめ格安ツアー、ホテル、フィンエアー情報



付き合って2ヶ月でプロポーズ。フィンランド人の妻と結婚してよかったこと【結婚1ヶ月目編】


「ミスタープロブロガー」「新鋭アフィリエイターの星」のお二人のスポンサーリンクです!
20170808212207 20170808210216

f:id:captainjacksan:20170314071647p:plain

こんにちは、2016年10月に妻の故郷フィンランドに移住したCaptainJack(@CaptainJacksan)です!

実は、3月14日は国際結婚の日。ホワイトデーだけじゃないんです!というわけで、せっかくなので外国人との結婚について書いてみたいと思います。最初に言っておきますがワイフ爆アゲ記事です!

出会いとか結婚に至るまでとか完全にすっ飛ばしてますがお許しを^^そのへんはまた別の機会にっ。

(この記事は、結婚1ヶ月後の2015年7月に書かれた文章に加筆修正したものです。いま書くと違う内容になりますが、当時の気持ちとの比較のため、結婚1ヶ月目編として公開します^^)

 

▼関連記事

 

 

 

フィンランド人の妻と結婚してよかったこと【結婚1ヶ月目編】

まず箇条書きにします。

 

  • おいしい料理を作って待ってくれている
  • いつのまにか洗濯して畳んでくれている
  • ぼくが最も嫌いな家事皿洗いが好き
  • 毎朝隣で見る寝顔が超かわいい
  • 健康・美容意識が高い
  • 常識的で、頭がいい
  • 子供が好き
  • ぼくのことが大好きで、もっと好かれるように努力してくれる
 
・・・。
 
 

女神かな?

 

うふふ♫

 

 

解説しましょう!

 

おいしい料理を作って待ってくれている

20151229003916

肉じゃがの作れるフィンランド人とは我が妻のこと。

ニューヨークヤンキースで活躍する田中選手を支える里田まいの料理が5つ星レストランレベルと評判ですが、その料理の写真を見せてみたところ、「作り方がわかれば作れるよ!」と心強いコメントをもらいました。

料理が好きで喜んで作ってくれるというのは、作れるけど特に好きではない僕にとって素晴らしいことです。助かる!

 

f:id:captainjacksan:20170314091145j:plain
里田まいの料理、ハンパないクォリティ(Yahoo検索より)

 

いつのまにか洗濯して畳んでくれている

僕は基本的に家事全般があまり好きではないので、洗濯なども適当です。特に下着類はひどいもんで、乾燥機から出したまま畳まないことがほとんどなのですが、妻がいるといつもキレイに畳まれた下着をはくことができます。

 

ぼくが最も嫌いな家事である皿洗いが好き

皿洗い、めっちゃ嫌い。w 一回引越ししたときなんて、引越し先で皿洗いをしたのが入居から3週間後ってこともありましたからね。洗濯物も料理も別に普通にできますけど、なんか皿洗いだけは超めんどくさいんですよね。。

ホントは、こういう結構ガチで嫌で手が進まない家事は家事代行サービスにやってもらうという手があるのは知ってるんです。交通費込み2時間3700円という破格ですが、債務整理して毎月9万円近く返済中の僕には手が出せませんでした。。w

というわけで放置しがちだったんですが、妻は料理しながら同時にお皿を洗ってくれるので、いつでもシンクがキレイです。魔法かと思いますね。自分がめっちゃ嫌なことを喜んでできる人って、すごいです。ありがたい!

 

毎朝隣で見る寝顔が超かわいい

黙らんかいって声が聞こえますけど続けますね!これはもうそのままです!

毎朝起きたら若くて美しい白人女性の顔が見られるというのは、白人好きの日本人男子として大変な活力となります。いまだに毎日朝起きたら美しいなおい!と思ってますよ。笑

高校生のころに気づいたんですが、僕は色白で綺麗な肌に最高のフェチシズムを感じるタイプと自覚してます。それを突き詰めていったところ、色白フェチにとっては白人女性が最も美しいという、確かに言われてみればみたいな結論に達しまして。

それ以来42歳くらいで金髪のフランス人女性と結婚するという目標を立てていたので、12年前倒しにはなりましたが30歳で白人女性と結婚できた事実にはとても満足しています。

 

健康・美容意識が高い

20151229194706

僕自身昔から年齢を重ねてずっと若くカッコよくいたいという願望があったので、その感覚を共有できるのは最高に嬉しいです。

なぜかというと、たとえ元の作りがキレイでも、美意識の高くない人はなかなかその美貌を保つのは難しいから。僕はいま32歳ですが、保ってる人と崩れてる人、男女ともに意識次第で顕著に分かれ出すころですしね。

最近ではYouTubeのピラティスチャンネルを見て、マットを敷いて毎日1時間くらい運動しています。「もっとキレイになりたい!」と言って実際に努力してくれているのを見るのは幸せです。

 

 

常識的で、頭がいい

女性の中にはすぐ感情的になってしまい冷静に話し合うことが難しい人もいますが、妻はその点大変冷静で、合理的に物事を考えることができるため、どんな状況でも話し合いができます。

また、妻は僕が今まで実際に出会った中で、2番目に高い日本語能力を持った外国人です(一番は日本在住20年のアメリカ人億万長者、ジェームス・スキナー)。妻と会ったことのある人はわかると思いますが、妻の日本語には外国人特有のなまりがほとんどありません。僕たちの出会いはナンパでしたが、初めて隣に座ってハローと声をかけたら「何?」って返されたのには心底ビビりましたからね。笑

中学生の頃日本のバンドに興味を持って以来、日本語のブログを翻訳したりテレビ番組を見たりして独学した成果らしいですが、頭いいなと思います。

ただ、一方で算数(数学ではない)は壊滅的で、例えば30%オフの計算ができません。w この点については、そろばん一級暗算二段の僕が全力でカバーしたいと思います。できるかな笑

 

子供が好き

20151229194517

僕は将来5人くらい子供をほしいと思っているので、子供好きなのは僕にとってめちゃくちゃありがたい。子供かわいいからほしいもんね。笑

例えばアメリカ人美女と国際結婚した友人のイケメン夫婦は子供を作らないことで合意してるんですが、この部分で価値観が一致することは重要ですね。遺伝子を残すという本能に関わる部分なので、ここに大きな乖離があると難しいんじゃないかなと思います。

 

僕のことが大好きで、もっと好かれるように努力してくれる

そのままです。はい、もうお腹いっぱいですね。笑

 

まとめ

この記事を書いたのは、もちろん国際結婚してフィンランドに住んでいるからですが、もう一つ理由がありまして。それは、日本人よ、もっと妻を褒めようぜってこと。ちょっと気合い入ったまとめになります。

ほとんどの人が照れすぎなんですよね〜。もっと彼女や妻を褒めたらいいんですよ!寡黙で感謝の気持ちや相手への賞賛を伝えない男性、多いと思います。セックスしてるんやろ?なに恥ずかしがってんねん!と思います。ごめん今のはちょっと言いすぎた。笑

でも、男は黙ってサッポロなんとかとか、沈黙は金とか、いぶし銀とか、昔の人だからとか、そういうのよくないですよ。気持ちは言葉に出して伝えないと、相手からしたら思ってないのと同じ。そうやって感謝、賞賛、共感の気持ちを言葉に出して伝えていくことが、夫婦円満の秘訣!

のろけって言われるという意見が聞こえますね。のろけ上等!ノロケがなんぼのもんじゃーい!マイナスイメージのある言葉に惑わされて、大切なものを見失わないようにしたいもんです。

これって、一言で言うと「相手を喜ばせること」の大切さなんですよ!上司やお客さんは毎日褒めるのに、妻はあんまり褒めないとしたらそれはおかしいですよね?だから、ぜひみんなも一緒に、やってみよう!既婚の人は妻との関係が良くなり、彼女がいない人はモテるようになります。きっと人生変わりますよ〜!

というわけで、僕はいかに妻がファビュラスでマーベラスな存在であるか、もっとアピールしていきたいと思います!

 

 

メスタリ愛してる

 

 

俺もだよハニー

 

 

最後に

「どうやったら俺も白人(じゃなくても)美女と結婚できんねん!」という声にお応えして、最後にもう少しだけ!日本で、白人美女と結婚を前提した真面目な出会いができる方法を5つ紹介します。

  • 白人美女がいそうな場所に行く
  • 海外に住む
  • Pairs」で探す
  • ナンパする(※僕のケース)
  • 結婚前提の有料紹介サービスを利用する

 

この5つが考えられます。戦略は重要ですよ!詳細とノウハウは後日の新記事で!「国際結婚」で検索して来られた方にとっても必見です。

 

JACK HOUSEは、フィンランド情報やその他面白記事を書いているブログです。おもしろかったら、ぜひTwitterのフォローはてなの読者登録をお願いします!

投げ銭代わりにAmazonほしい物リストを公開していますので、もし記事がおもしろかったら、役に立ったら、見てもらえると嬉しいです!

LINE@で僕と直接LINEできます。LINE待ってます(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

▼関連記事

 

 

あわせて読みたい