JACK HOUSE

フィンランド移住生活、ヘルシンキ観光旅行、北欧留学、おすすめ格安ツアー、ホテル、フィンエアー情報



「お金なんてどんどん回せばいい」という意見は気にしなくても良い。


「ミスター・プロブロガー」「新鋭アフィリエイターの星」のお二人のスポンサーリンクです!
プロブロガーイケダハヤトさんのブログ ひつじさんのアフィリエイトの教科書、ひつじアフィリエイト

こんにちは!『伸びシロとおもシロ』をコンセプトに、スマブラDX世界王者達成までのストーリーをお届けするプロゲーマー&プロブロガーのCaptainJack(@CaptainJacksan)です。

「お金なんてどんどん回せばいい」。そんな意見を聞いたことはありませんか?

 

 

例えばこのツイートを見て、悔しい思いをしたり、腹が立つ人も多いと思います。特に生活が苦しかったり借金がある人はなおさらで、何言ってるんだと反発したくなることもあるでしょう。

まぁそれは僕自身のことで笑、2011年以来7年に渡り最大680万円の借金に苦しめられ続けてきましたので、その気持ちはよくわかります。わかりますというか、モロに自分ごとですからね。w

この記事を書こうと思ったのは、借金などの生活苦にある人に大丈夫だよって一言言いたかったから。

結論から言うと、「お金なんてどんどん回せばいい」という意見は気にしなくても良いので、借金持ちの立場からその理由をまとめました!

      

 

生活に余裕がないと「お金なんてどんどん回せばいい」なんて思えるはずがない

大前提。「お金なんてどんどん回せばいい」という人は、基本的にお金に困ってません。

もしくは、少しは困ってるかもしれませんが、電気水道代やガソリン代が払えなかったり、毎月の借金返済に悩んで眠れなかったりした経験はないと思います。

これはお金に困ってない人が自分の立場から言っていることであって、別に借金持ちの僕たちにお金を回せと圧をかけているわけではないため、気にしなくて良いです。

生活に苦しい状況でこういう金持ちの発言が目に入ると腹が立つ気持ちもわかりますが、ストレスを感じるならその人から離れるか、Twitterなどならこそっとミュートかブロックして目に入らないようにするのがスマートです。

 

僕のスポンサー、イケハヤさんのツイート。このツイートが悪いとかいうわけでは一切ないです。が、辛い状況にある人はつい自分に言われているように感じ、そんなことできるかと反発しがちです。

 

 

ある程度お金に余裕がない限り、日々の生活費や借金返済のため手元にお金を確保しておきたいと思うのは自然なこと。それを非難されているわけではないんです。

 

 

「普通に金ほしいしw」ほんまその通り。w

 

 

ノブレス・オブリージュ。

中世の貴族の、「高い身分にはそれ相応の義務が生じる」という考え方ですが、「お金なんてどんどん回せばいい」というのはその発想に近いです。

 

 

つっちーさんのおっしゃる通りで、自分の身を守るためのお金の心配がある状態で、社会に還元をなんて高尚な発想はできなくて当然です。

日本だからまだ相当マシですが、発展途上国ではお金がない=死にますからね。

 

 

まとめ 

「お金なんてどんどん回せばいい」という考え方は、ノブレス・オブリージュの範疇。エリート間の概念であり、日常生活でお金の不安を感じる一般人は気にしなくても良いというのが僕の結論です。

 

 

オッケーーーーーイ!

 

 

 

f:id:captainjacksan:20180406123705p:plain

 

ノブレス・オブリージュの例

最後にノブレス・オブリージュの例を紹介させてください。

この記事でツイートを例に出した僕のスポンサーイケハヤさんですが、ブログで年収1億円というノブレスぶりを活かし、金銭提供という最もありがたい形で社会に還元されています。

 

 

 

 

そんなイケハヤさんですら、ちょっと前まで「年収150万円で僕らは自由に生きていく」という本を書いており、収入が劇的に伸びてきたのはここ数年の話です。今は年収1億円で僕は自由に生きていく、ですよ。笑

「お金なんてどんどん回せばいい」というのは、エリートによるお金持ってる人はもっと使って社会に還元しようよ!という趣旨の提案であり、生活に不安がある人たちを煽っているわけでも見下しているわけでもありません。

怒る必要はないので、そのエネルギーを自分の未来を変えるためのチャレンジに使い、いつの日か僕と一緒に社会に還元できる側に回りましょうo(*・ω・*)ノ゙♡

 

借金の返済に苦しんでいる人はいますぐに弁護士に債務整理の無料相談を。まず利子をチャラにすることから本気の返済計画を始めましょう!

フリーダイヤル:0120-161-051 に今すぐお電話を!

 

■この記事のTwitter投稿はこちらです。