JACK HOUSE

フィンランド移住生活、ヘルシンキ観光旅行、北欧留学、おすすめ格安ツアー、ホテル、フィンエアー情報



【親孝行】残りの人生で両親と会えるのはあと何日?還暦を迎えた母に兄弟4人でプレゼントをしました!


スポンサーリンク
20170808212207 20170808210216

こんにちは、ナンパで出会った妻の母国フィンランドでプロゲーマーを目指す伸びシロプロブロガーCaptainJack(@CaptainJacksan)です。

去る8月11日は、ママテンジャック(母)の60歳の誕生日でした。パパテンジャック(父)も3年前に同じく還暦を迎えましたが、ついに両親ともに還暦を迎えたかと思うと感慨深いものがあります。

フィンランドと遠方ではありますが、ママテンジャックの還暦をお祝いしましたので、その様子をお届けしつつ、親孝行について話したいと思います!

                            

 

ママテンジャックとは

f:id:captainjacksan:20170813002729j:plain

ママテンジャック


ママテンジャック(Mamaten Jack、1957年8月11日〜)は、京都生まれ京都育ちの主婦である。『伸びシロとおもシロ』をコンセプトに借金地獄からの逆転ノンフィクション劇場をお届けするフィンランド在住のプロブロガー『CaptainJack』の実の母。

 

目次

  1. 略歴
  2. 人物
  3. 総評
  4. 脚注

 

略歴


1957年8月11日、京都市北区で誕生。長男のCaptainJackと顔がよく似ている。父(90歳)、母(享年80歳)、そして極めて人間性に優れた優秀な心臓内科医の弟がいる。

京都の短大を卒業後地元で働いていたところ、同じく京都生まれ京都育ちの銀行員パパテンジャック[1]と出会い、CaptainJackを筆頭に四人の息子を設ける。[2]

 

人物


性格は非常に優しく穏やかで、同居中の義理の娘にも、2人の孫にも、そしてCaptainJackの妻ユリアにも非常に優しい。引っ込み思案の恥ずかしがり屋で、緊張すると顔が赤くなり汗をかく。

笑い上戸でもあり、年齢をあえて間違えて若く言うとはにかんで喜ぶ。料理上手で、ママテンからあげとママテンオムシチューが得意。実年齢より若く見える。

CaptainJackのオーストラリア人の友達が彼女を連れて実家に2週間泊まりに来た時、別れの際その彼女と2人で泣きながら別れを惜しむなど大変涙もろく、また専業主婦歴が長く社会の闇に触れる機会も少なかったため、今まで出会った全ての人物の中で圧倒的にダントツでピュアな性格をしている。

数年前にパパテンジャックが入院した際はお見舞いのため病院に日参し献身的に看病するなど、絵に描いたような理想的良妻賢母である。[3]

 

総評


4人の男兄弟の子育てのストレス・更年期から一時ヒステリーの症状も見られたが、その点も含めてもほぼ非の打ち所がなく、とうの昔に成人を迎えた4人の息子・2人の義理の娘の全員から「かわいい」と評される奇跡の母。その明るく優しくピュアな性格は、CaptainJackの成長過程において多大なる好影響をもたらした。

 

脚注


  1. 福田康夫元首相にそっくりなパパテンジャックについては別記事を参照のこと。
  2. なお、下の2人は双子である。長男CaptainJackとは8歳差、次男とも6歳の差があるが、これは娘が欲しかったママテンジャックが頑張った結果男の子の双子を出産という体を張ったギャグの結果である。
  3. 病室にパパテンジャックを見舞いに行った際の様子から、息子をして父の立場で『こんな晩年を送りたい』と思わされるほどの圧倒的看病ぶりであった。まだ妻ユリアと出会う前のことである。

 

(出典:Jackipedia)

 

ママテンジャック、還暦を迎える

そんなママテンジャックが、去る8月11日に60歳の誕生日を迎えました。見た目が若いので還暦という響きはあまりにもミスマッチなのですが、ついに戸籍年齢において還暦を迎えてしまいました。

僕は今フィンランドに住んでいるので直接会ってのお祝いはできませんが、兄弟4人全員でお祝いを用意しました。みんなでこれまでに撮影した家族の写真を集め、実家で家族写真の上映会です。

 

写真上映会

こちら、写真上映会で使った家族写真になります⊂(^ω^)⊃

 

還暦を迎えて素敵なプレゼントをもらうママテンジャックと孫(僕の弟の息子)

f:id:captainjacksan:20170813002559j:plain

 

めっちゃ笑うママテンジャック

f:id:captainjacksan:20170813002644j:plain

 

ママテンジャックと孫。右の写真が家族LINEで送られてきたので、かわいいウサギが2匹もいるやん!って言ったら照れてました。

f:id:captainjacksan:20170813002716j:plain

 

実家近くのサイゼリヤにて。

f:id:captainjacksan:20170813002733j:plain

 

パパテンジャックとママテンジャックの旅館デート。これらの写真は60歳の誕生日当日に撮った2枚を除いて全て58〜59歳の時に撮影されたものなので、我が母ながらなかなか若々しいと思います。

f:id:captainjacksan:20170813002830j:plain

 

こちらキャプテンジャック家の4人兄弟ですオッケーーイ!

あだ名は僕からそれぞれ時計回りにジャック、ボブ、クリス、スミス。CJ家の未来を担うキャプテン、リーダー、スター、ヒーローです。

f:id:captainjacksan:20170813002908j:plain

 

下の弟2人(双子)と4人で温泉旅行

f:id:captainjacksan:20170813002912j:plain

 

僕とユリアの結婚式にて

f:id:captainjacksan:20170813002916j:plain

 

懐かしすぎる僕9歳くらいの時の写真。9歳、7歳、1歳、1歳くらい

f:id:captainjacksan:20170320074211j:plain

 

フィンランドからメッセージを送りました

上映会の写真にプラスアルファして、現在それらの写真を現像し手元で見られる実物のアルバムも作成中です。

そのアルバムに入れてもらうよう、手書きメッセージを書いて弟に送りました。かわいいでしょう!(๑•̀ㅂ•́)و✧ 弟の突然のアイデアだったので、かわいいメッセージカードとかを用意できなかったのがちょっと残念ですけどね☺️

 

f:id:captainjacksan:20170813003123j:plain

 

海外在住者は一時帰国時に親孝行をしよう!

ここからが、この記事で言いたいことです。

声を大にして伝えたいのですが、特に海外在住者は意識して親孝行をするべきです。例えば僕はフィンランドに住んでいますが、2016年10月に移住してきてからまだ一度も帰国していません。両親と最低1年以上顔を合わせないということになりますが、同じような状況にある人は多いはずです。

そして、これはあまり望ましい状況ではありません。なぜなら、両親と物理的に離れており会う機会自体が制限されている上、連絡の都合上海外在住者が親の死に目に会えない可能性は低くないと思うからです。

自分がそういう状況にいることを十分に理解し、万が一死に目に会えなくても後悔が最小限で済むくらい、普段から何かをしておくべきだと感じます。(北欧・フィンランドに移住するメリットとデメリットまとめ。デメリット編【保存版】

 

そう。物理的に離れているため、親の最期に立ち会えない可能性があります。

危篤になったと連絡を受けてから実際駆けつけられるのにおそらく2日ほどかかるはず。国内なら基本的に1日で行けますよね。生死の境目の1日は大きいです。

親の死に目に会えない可能性が高いという事実は、実際にいま海外に移住して住んでいる人でもあまり意識していないのではないかと思います。早いうちから意識、将来どうするのか考えておいてほしいです。 

 

実は故郷を離れて生活している全ての人に当てはまる

そして、海外在住者とは言いましたが、実はこのことは故郷を離れて生活している全ての人に当てはまります。海外在住者と聞いて自分のことじゃないなと思ったあなた、違います。あなたもなんです。

例えば、あなたが鹿児島で生まれ、現在東京で家族を持って生活をしているとしましょう。大阪生まれの札幌勤務、または首都圏生まれの九州勤務かもしれませんが、とにかく故郷の両親と離れて生活している状況を想像してみてください。

 

残りの人生で両親に会える回数はあと何回ですか?

f:id:captainjacksan:20170813002825j:plain

そこであなたに問います。

あなたは、年に何回帰省しますか?

お盆と年末の2回でしょうか。それとも、仕事にコミットしているため、節約のため、または単に面倒だから、帰省は年に1度以下でしょうか。

 

一度の帰省で両親と過ごす時間は?

そして一度帰省した際、両親と過ごす時間はどのくらいありますか?

身につまされる話なのですが、例えば僕は京都の実家に帰っても、結構外に出ていることも多いので、夜寝る時以外実家にいる時間はそこまで長くないかもしれません。

仮に帰省時に1日当たり寝ている間を除き5時間、両親と共に時間を過ごすとしましょう。帰省回数は年に2回、お盆に5日間、お正月に1週間と仮定します。

するとまず、帰省日数=両親に会える日は1年に12日であることがわかります。時間に直すと、12日 x 5時間=60時間。2日と12時間です。

つまり、年にお盆とお正月の2回きっちり帰省しているあなたが両親と過ごす時間は、1年365日のうちたったの2日半なのです。

 

これを多いと思うか少ないと思うか・・と言いたいところですが、誰がどう見たって少ないです。少なすぎです。2日半ですよ!普段の生活なら、金曜日に仕事が終わって土日寝て過ごしたら終わるレベル。

 

残りで人生で親と会えるのはあと何日 / 何時間?

さらに学びを深めます。もしこれを読んでいるあなたが30歳で、両親が60歳と仮定した場合。日本人の平均寿命男女平均値を84歳とすると、両親に残された時間は24年。

あなたが両親と一緒に過ごす時間は1年あたり2.5日ですから、これに24をかけると60日。600日じゃないですよ。60日です。

つまり、1年にお盆とお正月の2回合計12日間帰省する30歳のあなたが残りの人生で両親と会える時間は、たったの2ヶ月ということになります。

回数で言うと、これからの人生で両親に会える回数は1年に12回 x 24年=288回。そう考えると多いように感じるかもしれませんが、実質的な時間に直すとたったの2ヶ月しかないということになります。

 

もちろん、これは単純計算です。両親の加齢に従って病院への付き添いや介護、見舞い、遺産相続等各種手続きのために顔を合わせる機会は増えていきますから、実際に2ヶ月になるかどうかはわかりません。

年に1回帰省するかどうかの人はもっと短いでしょうし、帰省したらずっと実家にいるタイプであればもっと長くなるでしょう。

しかし、もしあなたが今1年に2回しか帰省せず、帰省してもそんなに両親と顔を合わせないのだとしたら。それは、まさに今あなたが『両親と顔を合わせる時間残り2ヶ月』の生活をしているということに他なりません。

そう考えてみると、『親孝行、したい時に親は無し』という言葉の重みを否応なしに感じざるを得ません。その通り、亡くなってからでは遅いのです。

この現状を認識し、帰省時はあえて出歩く回数を減らして家にいてみる、両親と一緒にご飯を食べに行く、小旅行に行く、GWにも帰省するなど、できるだけ両親と過ごす時間を増やすようにしてみてはどうでしょうか。きっと両親も喜んでくれると思いますよ!

 

パパテンジャック還暦祝いのプレゼント:高級チェアー

時間を一緒に過ごすのはもちろんとして、節目の時期には何かプレゼントをしてあげたいですね。

3年前にはパパテンジャックが還暦を迎えましたが、その時は兄弟4人でお金を出し合って、アーロンチェアー系の高級チェアーをプレゼントしました。7〜8万円くらいと結構高かったですが、4人で割ると1人2万円くらいでした。兄弟が多いことの利点ですね。

口数が僕の50分の1と寡黙なパパテンもこの時ばかりはニッコニコ。届いたばかりのファビュラス・チェアーに腰掛けご満悦でした。

この写真1枚で買ってよかったと思えますから、やっぱり記念日のプレゼントはいいものです。吐くほどお金がない借金地獄の中、死ぬ思いで2万円の予算を捻り出したかいがありました。(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

還暦祝いのプレゼントにニッコリ笑顔のパパテンジャック

f:id:captainjacksan:20170813002845j:plain

 

父の日あたりの時に、借金地獄の渦中で泣きながら予算をひねり出してプレゼントしたお酒

f:id:captainjacksan:20170813004939j:plain

 

この機会に、両親へ贈り物をしてみてはいかがですか?

理由はなんでも構いません、この機会に両親に何かプレゼントをしてみてはいかがですか。きっと喜ばれること間違いなしですよ。日頃の感謝の気持ちを、このままではマズいと感じた危機感を、贈り物という形にしてみましょう。きっと喜ばれること間違いなしです!

 

プレゼントの例 

平均2万円で作れるマイフィギュア。結婚式にも最適ですね!友達の結婚式で送りましたが超似てました。笑

 

特に大きな記念日でもない場合、気軽に遅れるお酒のおつまみなんかは意外とアリです!

 

電動自転車は、買い物のためスーパーによく行くお母さんへのプレゼントに最適!ぜmん自動皿洗い機やドラム式洗濯機と同じく家事の時間を短縮する便利な道具なので、お母さんは絶対に喜びます。

僕たちも、ママテンジャック55歳の誕生日に兄弟4人でお金を出し合って買いました。電動自転車をチョイスしたのは、本人のリクエストです。確かこれも7〜8万円くらいして、例によって費用は吐血しながら捻出しました⊂(^ω^)⊃

 

お父さんの還暦祝いには、高級チェアーが結構おすすめです。パソコン好きのタイプには特にいいですね。僕たちは4人兄弟でお金を出し合って、アーロンチェアー系の高級チェアーを買いました。その後のパパテンのニコニコ笑顔は前述の通りです。

 

なお、今回の僕たちの母の還暦祝いのように、フォトアルバムもいいですね。フジフォト のサイトから両親へ送るアルバムの例を見てみてください。安価かつ喜ばれるのでおすすめです!

 

おまけ:今日の面白ツイート

#爆笑したらフォロー&RT

#本文との関連性を無視していくスタイル